ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年04月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
LPG車全面解禁へ
大気汚染対策で改定法施行

 産業通商資源部は3月25日、液化石油ガス(LPG)燃料使用制限を廃止する「LPGの安全管理と事業法一部改定法」を同26日から施行すると発表した。
これは、現在まで規制されていたLPG燃料使用制限を廃止するもので、同改定法の施行により、新規または中古LPG車を購入できることになった。
同法が急きょ改定された背景には現在、韓国で大きな問題となっている大気汚染がある。汚染物質の排出が著しいディーゼル車を減らし、大気汚染を軽減する狙い。
韓国では1982年にLPG車の利用が認可されたが、タクシー、レンタカー、官用車、障害者用向けのみに使用が制限されていた。今後は一般ユーザーでも利用できるようになり、減少傾向にあったLPG車の販売が広がる見通しだ。
これに伴い自動車メーカーは、一般ユーザー向けのLPG対応車両の販売を検討し始めている。
現代自動車は、上半期に第8世代新型ソナタの一般向けLPGモデルを発売する予定だ。
ルノーサムスンは、韓国初の5人乗りLPGスポーツ多目的車(SUV)のQM6を上半期中に発売する計画。
起亜自動車も、下半期にフルモデルチェンジを控えたK5にLPGモデルを追加することを検討している。
LPG車の長所は大気汚染を軽減するだけではなく、燃料費も安価な点だ。ソウルのガソリン価格は1リットル当たり1482ウォン、軽油は1373ウォンだが、LPGは844ウォンだ(3月25日基準)。
問題はLPGスタンドが少ないこと。全国のガソリンスタンドは1万1769カ所を数えるが、LPG充填所は2030カ所にとどまっている。現在ソウルにあるLPG充填所は77カ所だけだ。

2019-04-03 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません