ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-04-24 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年04月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
LPG車全面解禁へ
大気汚染対策で改定法施行

 産業通商資源部は3月25日、液化石油ガス(LPG)燃料使用制限を廃止する「LPGの安全管理と事業法一部改定法」を同26日から施行すると発表した。
これは、現在まで規制されていたLPG燃料使用制限を廃止するもので、同改定法の施行により、新規または中古LPG車を購入できることになった。
同法が急きょ改定された背景には現在、韓国で大きな問題となっている大気汚染がある。汚染物質の排出が著しいディーゼル車を減らし、大気汚染を軽減する狙い。
韓国では1982年にLPG車の利用が認可されたが、タクシー、レンタカー、官用車、障害者用向けのみに使用が制限されていた。今後は一般ユーザーでも利用できるようになり、減少傾向にあったLPG車の販売が広がる見通しだ。
これに伴い自動車メーカーは、一般ユーザー向けのLPG対応車両の販売を検討し始めている。
現代自動車は、上半期に第8世代新型ソナタの一般向けLPGモデルを発売する予定だ。
ルノーサムスンは、韓国初の5人乗りLPGスポーツ多目的車(SUV)のQM6を上半期中に発売する計画。
起亜自動車も、下半期にフルモデルチェンジを控えたK5にLPGモデルを追加することを検討している。
LPG車の長所は大気汚染を軽減するだけではなく、燃料費も安価な点だ。ソウルのガソリン価格は1リットル当たり1482ウォン、軽油は1373ウォンだが、LPGは844ウォンだ(3月25日基準)。
問題はLPGスタンドが少ないこと。全国のガソリンスタンドは1万1769カ所を数えるが、LPG充填所は2030カ所にとどまっている。現在ソウルにあるLPG充填所は77カ所だけだ。

2019-04-03 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
ミキ・デザキ監督・イ・ジャンフン監督...
文在寅政権 国民を人質にして同盟に挑戦
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
米中戦争で決まる韓半島の未来
金正恩を日本の法定で裁こう!
ブログ記事
対北海上遮断作戦に韓国だけが不参
国民・大衆にも責任がある
米国が文在寅政権に「米・韓・日共助」を圧迫する理由
イスラエルのシリア軍基地爆撃で北韓ミサイル技術者が死亡
審判連帯のロゴ・ソング
自由統一
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません