ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年03月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓紙の頭がい骨で「生と死」表現
権正浩個展~シロタ画廊

 累々たる時間の墓―伝統的な韓紙で作られたシャレコウベが奥深い空間を創り出す。インスタレーションの第一人者、権正浩の個展が銀座シロタ画廊で開催されている。大邱市での個展を前に新作が発表された。1950年代から地道に韓国の芸術家と交流を持ち続けていた老舗画廊ならではのプログラムだ。
■会期=3月30日(土)まで。11時~19時(最終日のみ17時まで)
■会場=シロタ画廊 東京都中央区銀座7―10―8、TEL03―3572―7971

写真左:「Light skeleton」
写真右:「Accumulation  of Time 1J」

2019-03-27 5面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
「自由民主市民統合連帯」結成を呼びかけ
北韓人権問題に消極的な日本当局
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません