ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-12 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2019年03月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
文政権の野蛮な司法支配

 前青瓦台監察班の金泰佑捜査官の内部告発によって発覚した文在寅政権の「ブラックリスト事件」、つまり青瓦台の指示で行われた大規模な不法行為に対する捜査が権力によって遮られた。証拠は完全に整った。検察は、青瓦台の秘書官が昨年の7月、環境部傘下の韓国環境公団の常任監事の公募で、青瓦台が内定した人が脱落するや当時の環境部次官を呼び叱責した情況まで確保した。
ソウル東部地検が金恩京環境部長官を職権乱用などで拘束令状を請求(22日)するや、青瓦台の代弁人が「裁判所の判断を見守る。均衡のある決定が下されると期待する」と言った。令状を棄却せよとの圧迫だ。
青瓦台の注文通り、ソウル東部地裁の朴禎吉判事は26日、令状を棄却した。「ブラックリスト」問題はこの政府が「積弊」と断罪してきた代表的な事案だ。「文化界ブラックリスト事件」で朴槿惠前大統領をはじめ数十人が有罪判決を受けた。そして、現政権の閣僚のうち最初に拘束令状が請求された嫌疑がそのブラックリストを作った件で、青瓦台の指示によるものだった。前政権のブラックリストが有罪なら、現政権のブラックリストも有罪だ。
金泰佑捜査官は、青瓦台の特別監査班長が「現政府のため働き口を用意せねばならない」と言い、330の公共機関の役員リストを作成せよ、と指示したと証言した。だが、拘束令状を棄却した朴判事は、「関連法令の該当規定とは異なり、最終的な任命権、提案権を持つ大統領や関連省庁の長を補佐するため青瓦台と関連部署の公務員が役員推薦委員会の段階で候補者を協議し、内定した慣行が長期間あった」と棄却理由を語った。
文在寅は東南アジア3カ国歴訪後、帰国するや金学義、ジャンヨン、バーニング・サン事件の徹底捜査を指示した。2件はすでに時効が成立した性スキャンダルだ。政敵を超法的に除去するためだ。だが、裁判所と検察内から非道な文政権への抵抗はすでに始まった。

2019-03-27 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪・金剛学園に吹く革新の風
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
亀裂深まった韓米同盟
暴君のための洗脳教育を中止せよ
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません