ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年03月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
1800年にわたる韓日交流史をたどる<第2回>(下)
高麗が高来に名前が変わった理由は?

1897年に変更

 1200年以上続いてきた高麗寺の名称が突然高来神社に変わったとして、まさに同年1897年は伊藤博文が大磯に転居してきた年でもある。しかし、この事実だけでは伊藤博文が高麗寺の名称変更や名称の削除を命令したと断定することはできない。偶然だったということもある。仮にそうだとしても、偶然ではないと推測することは自然なことだ。
高来神社の入り口。裏山の名前が高麗山(神奈川県中郡)
 大磯には日本の高官たちの別荘と邸宅が建ち並んでいた。1885年に海水浴場が開設され、多数の宿泊施設が建ち、夏の避暑地として脚光を浴びる町となった。これを知らしめるべく、歴代の日本総理のうち8人がここに邸宅を構えた。その8人とは、伊藤博文、吉田茂、大隈重信、加藤高明、西園寺公望、寺内正毅、原敬、山形有朋だ。
19世紀末、日本の世論は韓国を征伐しようとする、いわゆる「征韓論」が高まりを見せていた。伊藤博文ではなかったとしても、時代の流れ上、高麗寺の名称は変更されたかもしれない。暗い過去史の1ページとしてやり過ごすこともできるだろう。しかし、名称を変えたからといって高句麗や韓半島との関係が消えるわけではない。渡辺宮司は高麗寺の由来について、「韓半島とは関係ない」といったニュアンスで説明した。
「いつ創建したかは文書で残されていないので分からない。推定では神武(第1代)天皇の治世だと思います。そうなると2000年以上の歴史になります。<神社の名称も裏山の名称も高麗だが、高句麗との関係はないということですか?>この山には昔から大磯の氏神が宿っているという伝説があります。しかし、韓半島と関連した何かというのは…」と言葉を濁した。
しかし、こうした曖昧な日本人の反応とは異なり、高麗山の頂上には高麗という地名が高句麗に起因していることを記した看板がある。立てたのは日本の環境省と神奈川県で、そこにはこのような説明が書かれていた。
「(高句麗などの頭首)若光は一族を連れて海を渡り、大磯に上陸。この山岸の化粧坂(けわいざか)近くに住み、この地に高度な文化をもたらしました。高麗若光と高句麗の人たちが暮らしていたことからこの地が『高麗(こま)』と呼ばれるようになりました」

若光一行1799人 埼玉・日高へ移住

 再び7世紀に戻ろう。この時期、高句麗人たちがどんな試練を受け、どんな経路で大磯まで到達したかは究明されていない。ただ、記録では高句麗の寶蔵王の親戚(または息子)である若光が666年10月、日本の邪馬台国造成に使臣として渡日したという事実が日本書紀に残されている。彼が日本に滞在している間に高句麗は滅亡した。祖国の危機的状況を知らせるため日本に渡ってきたが、二度と祖国に戻ることはできなかった。代わりに彼は、本人と同様に日本に渡ってきた祖国の人々を束ねる役割、在日高句麗人のリーダーとなった。
大磯町は行き場を失った高句麗人たちの定着地だった。定住を志したことも推定される。その理由は、寺を建立し、近隣各所の地名に残された高句麗の痕跡があまりにも鮮明だからだ。大磯という地名の由来に対し、ある人は「ここに最初に来て暮らした新羅・伽耶の渡来人たちが慶尚道なまりで『オソ オイソ(いらっしゃい)』と挨拶していたことに由来する」と話す。もっともな推論だ。
日本の歴史書には、若光一行の変遷史も記録として残されている。日本の朝廷は、若光に「王」の称号を付与する。703年のことだ。この時から彼の名前は「高麗王若光」となる。それから13年後、若光は東国(現在の関東地方)に集まって暮らしていた高句麗の流民たちを一カ所に集める役割を負う。
「霊亀2年(716年)、東国7カ国に住んでいた高麗人1799人を集めて武蔵国に移住させ、高麗(こま)郡を建郡した」(続日本紀)。
武蔵国は現在の東京と埼玉県の大部分、神奈川県の一部を占めていた日本の地方政権だ。若光一行は大磯を離れ、北方へ向かった。大磯から100キロ離れた現在の埼玉県日高市一帯に再び在日高句麗タウンをつくるため、壮途に就いたのだ。 大磯という町名は「来た?(わっそ?)」を意味する慶尚道の方言「おいそ(OISO)」と発音が同じだ。「最初に来た新羅(=現在の慶尚道)人たちが『こっちにオイソ?』と高句麗人たちに挨拶したことで地名となったようだ」という、取材中に出会ったある研究者の言葉が記憶に残っている。高麗寺(現高来神社)がある山の名前は高麗山、高来神社の現住所は「高麗2番地(大磯町高麗2丁目)」だ。大磯の海辺に行くと、英語で「OISO」と 書いてある灯台を見ることができる。

(上=http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=85793&thread=01r05

2019-03-20 3面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
「自由民主市民統合連帯」結成を呼びかけ
北韓人権問題に消極的な日本当局
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません