ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年03月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
社会的弱者に対するセーフティーネット強化
失業扶助の導入案提出へ

求職者に月50万ウォンを半年間給付

経済社会労働委員会傘下の社会セーフティーネット改善委員会は6日、韓国型失業扶助を目的に「雇用のセーフティーネット強化のための合意」を採択した。
失業扶助は、文在寅大統領の政策方針でもある経済の公正化、所得の分配を実現するためのもの。低所得層の求職者に対して、雇用プログラムへの参加を条件として生計を保証するための給与を支給する制度だ。
同合意は昨年8月に発表した「脆弱階層の所得保障と社会サービスの強化のための合意」をより具体化したもので、今後、貧困対策と健康保険制度の改善案などをさらに議論していく予定だ。
合意文は、政府が作成した韓国型失業扶助案の「中位所得の60%以下の勤労貧困層を支援対象とする」「最大50万人と推定されている失業対象者に1人当たり月50万ウォンずつ、最大6カ月間にわたり求職促進手当を支給する」に近いもので、法案化される場合、同合意文がベースに作成される可能性が高い。
一方、韓国企画財政部は6日、主要業務推進計画を発表した。これは、文在寅政権が掲げる共に豊かに暮らす包容国家の実現に向け、来年度予算案に、高齢者など社会的弱者への所得支援強化を盛り込む方針を示したもの。来年の施行を目標に、ワーキングプアや若年層を対象にした失業扶助の導入案を設計する方針だ。
文政権は「昨年10~12月期に所得最下位20%のなかで、無職世帯の割合が50%を超えた。同政策を推進し、9万5000人の社会サービス関連雇用を創出したい」としている。

2019-03-13 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
立証された韓日GSOMIAの効用
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません