ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年03月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
外貨準備高4カ月ぶりに減少 2月末現在
ドル高が大きく影響

 韓国銀行(中央銀行)は6日、2月末の外貨準備高を発表した。
外貨準備高は、昨年11月から今年1月まで3カ月連続で増加し、過去最高を更新していたが、同月末時点で4046億7000万ドル、前月比8億4000万ドルマイナスとなり4カ月ぶりの減少となった。
有価証券が3791億1000万ドルで、前月比11億4000万ドル減少したのが響いた。その他の内訳は、国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR)は33億9000万ドルで、これも1000万ドル減少。
一方、預金は152億1000万ドルで、3億1000万ドル増加。IMFリザーブポジションは21億8000万ドル、金の保有は47億9000万ドルで、ともに前月から変動はなかった。
韓国銀行は減少の要因について、米国の景気指標の内容が改善したことでドル高が進み、ドル以外の外貨建て資産のドル換算額が目減りしたためと説明した。
なお、韓国の外貨準備高は1月末現在で、世界8番目。
1位は中国で3兆879億ドル、2位は日本1兆2793億ドル、3位はスイスの7961億ドル。

2019-03-13 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
精神論〔1758年〕 第三部 第9章 情念の起原について
金正恩と文在寅打倒を訴えた日韓の有志たち(2月17日の午後、東京十条駅前)
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません