ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年03月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 韓国では最近、PM2・5による大気汚染が深刻だ。中国大陸から飛来した超微細粒子はそれだけでも呼吸器にダメージを与えるのだが、粒子に付着した汚染物質による健康被害も懸念されている▼韓国内では、PM2・5が中国からのものだけなのか、あるいは韓国国内にも発生源があるのかという点で議論が交わされているが、やはり多くは中国大陸から飛来したものだという▼この「招かれざる客」は、気圧配置の変化によって生まれる気流に乗って韓国に運ばれてくるという。今年は史上最悪を記録したPM2・5汚染だが、気流が少しでもずれていればここまでの騒動にはなっていなかったということになろう▼韓国政界にも気流の変化が起き始めている。就任当初は高い支持率を誇っていた文在寅政権だが、相次ぐ経済政策の不振に加え、もっとも力を入れている対北政策でも、トランプ大統領だけでなく、当の金正恩にもそっぽを向かれようとしている▼この変化を悟ったのか、「反・文在寅」を訴える市民の声に新聞・テレビなどのメディアも耳を傾け始めた。これまでは、文政権発足の足掛かりとなった「ロウソク集会」だけが大きく取り上げられ、朴槿惠前大統領の弾劾が無効であること、そもそも疑惑の「証拠」が捏造であることを訴える市民の声は無視されてきた▼今月9日、ソウル駅前で開かれた集会の参加者は2万人を超えた。これまで無視されてきた人たち、国民抵抗運動が、春の嵐ともいえる強風に乗ってじわりじわりと広がっている。

2019-03-13 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
精神論〔1758年〕 第三部 第9章 情念の起原について
金正恩と文在寅打倒を訴えた日韓の有志たち(2月17日の午後、東京十条駅前)
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません