ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-05-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2019年03月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
文在寅死守と政敵粛清のみに没頭
韓国を文明社会から切り離す主思派政権

 2年前の3月10日、朴槿惠前大統領の憲法裁判所が違法罷免したのは、韓国だけでなく、世界の司法史に拙速と恥辱の歴史として記録される。71年前、大韓民国の建国を妨害した勢力の末裔たちが、権力を掌握したここ2年間、韓国は全く別の国、全体主義独裁体制となった。
ところで、憲法裁判所が、弾劾判決の7日前、「全員一致の罷免」決定を朴槿惠前大統領に通告し下野を求めたという(ペンアンドマイクの8日報道)。これは弾劾審判が政治的背後から決められたことを意味する。
この政変で権力を掌握した文在寅・主思派政権は、韓国を文明社会から切り離し、野蛮な全体主義陣営へ引っ張っていく。
検察が金慶洙・慶南知事に懲役2年を宣告した成昌昊判事を朴槿恵政府の司法壟断に加担した容疑で3月5日、起訴した。文在寅の最側近の金慶洙の有罪が確定すれば、金慶洙と文在寅夫婦も共同正犯となり、大統領補欠選挙が無効となるからだ。
左翼革命判事の大法院長・金命洙は、判事たちを圧迫するため、裁判官6人を裁判から排除(3月8日)した。この措置も文在寅を護るためで、この背後は青瓦台の民情首席の曺国だ。
与党・共に民主党と青瓦台と政府が大法院(最高裁)の判決を覆し、全公労(全国公務員労働組合)の解職者全員を復帰させると決めた。政治的な必要があれば大法院の判決も簡単に覆せるということだ。
文在寅が長官7人の更迭を発表したが、この人事で選挙管理業務を管掌するすべての責任者が全羅道出身となった。多くの国民がこれを憂慮する。
文在寅は東南アジア3カ国(ブルネイ、マレーシア、カンボジア)訪問に出た。多くの難題を放り出し、まるで休暇のように文夫婦は飛行機に乗った。
原点に戻った北の非核化をはじめ、崩壊の兆しを見せる経済問題、そして全国民の健康を害している中国発の殺人スモッグ問題まで、すべてを放り出し外遊に出た。日本に対しては朝鮮王朝のときの問題まで取り上げながら、中国には一言も言えない文在寅は、金正恩との9・19軍事合意を守るため、韓米同盟を破棄しようとしている。
多くの国民がここ2年間、毎週、太極旗を持って街頭で法治に回復のため闘争してきた。この国民抵抗で非道な反乱集団を打倒し、法治を回復、国家を正常化するしかない。

2019-03-13 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
主思派政権 反逆クーデターが最終段階へ
金正恩を日本の法定で裁こう!
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓国2大航空財閥が混迷
韓自協結成・決起大会 参加に反対せず
ブログ記事
光化門に登場した太極旗キャンプ
自由民主の大韓民国陣営がなすべきこと
文在寅独裁打倒、光化門行進
「自由韓半島」を護る戦いに「中間」はない[柳根一コラム]
米国の対北圧迫で金正恩体制の崩壊も
自由統一
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません