ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-09-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2019年03月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
米政府が監視・牽制
韓国企業の対北制裁違反

 文在寅政権が青瓦台の国家安保室に南北経済協力を担当する第2次長を任命するなど、北側の核武装に同調し米国の対北制裁に反発する動きを見せている中、米政府が韓国企業の対北制裁違反を取り締まるため、駐韓米大使館に財務部の実務者を常駐させていることが分かった。
TV朝鮮の報道(3月8日)によれば、駐韓米国大使館に、今年の初めから財務部の対北制裁担当者が派遣されており、これは一時的な措置ではなく、大使館で数年間勤務するという。
米財務部職員の韓国派遣勤務は、韓米ワーキンググループと共に両国政府間の疎通を円滑にするという趣旨だが、主な任務は対北経済協力に乗り出す韓国企業の対北制裁遵守を確認することだという。在韓米軍にも財務部の制裁施行チームの要員が派遣されているという。
外交筋は、米国が韓国政府を通さず、民間企業と直接接触しており、韓国企業の対北制裁違反事例を捉えたが、ホワイトハウスの政治的判断によって警告にとどまったと述べた。
米国財務省は昨年9月、韓国政府を通さず、7つの都市銀行に対北制裁を守るよう警告した。7つの都市銀行に電話し「北韓との金融協力は、米国の政策と衝突する」と対北制裁の遵守を強く要求したのだ。米国が韓国当局を通さず銀行や企業と直接接触するのは異例だが、米国が対北制裁の徹底履行を監視するため、民間企業にも圧力を加えはじめたということだ。
駐韓米大使館は昨年11月、米財務部の依頼で、平壌で行われた南北首脳会談に文大統領の特別随行員の資格で総帥が同行した5大企業(サムスン電子、SKグループ、LGグループ、現代自動車グループ、ポスコグループ)と、対北事業計画についての電話会議を行ったことも知られている。米財務部の標的となった銀行や企業は、当然のことながら非常に緊張し萎縮した状態であるという。

2019-03-13 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
K-POPに夢を託す若者たち~全国か...
「曺国事態」韓国は全体主義へ行くか内戦か
ソウル光化門の台北代表部前で、国交正...
曺国・法務部長官候補の疑惑 
朴槿恵弾劾を弾劾した最高裁判決
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません