ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年03月06日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 2回目の米朝首脳会談が終わった週末、韓半島をめぐって多くの出来事があった。韓国は3月から新年度を迎える。その前後、韓国にとって重大な意味を持つ事象が重なった▼まずは米朝首脳会談だ。事前の予想では、米朝会談は何かしらの合意に至るとみられていた。韓国大統領府も、その期待を隠さなかった。米朝平和条約締結、つまり6・25戦争の終戦宣言さえあるのではないかと囁かれた▼しかし、本紙が予想した通り、それが実現することはなかった。会談初日こそ笑顔を浮かべ、和やかなムードだった両首脳だが、仏頂面でベトナムを後にしたのは金正恩だった。金正恩が、核の完全放棄を譲らなかったともいわれている。米国は完全非核化を一貫して要求しており、非核化なくしての合意はありえない▼本紙は取材と分析を通して、北韓と米国間での終戦宣言および、スモールディールさえもないと主張してきた▼韓日のテレビ、新聞などのメディアは、希望的な側面のみを強調し、米朝首脳会談を冷静に報道することはなかった。こういった点で反省をすべきだと考える▼3月1日は、日本の植民地支配からの大規模な独立運動が起きた日として記憶されている。今年は100年の節目に当たる。文在寅大統領もこの日、式典の演説で「親日の清算」などを訴えた▼率直に思う。100年の節目での「3・1運動」の本当の意義は「北」を解放することだ。完全な統一独立国家こそが「3・1精神」だと思う。

2019-03-06 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません