ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年02月27日 08:14
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【映画】『家族のレシピ』(日仏シンガポール合作)
「食」を通し家族の歴史ひもとく旅
家族の絆を描く©Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale
 シンガポールと日本の外交関係樹立50周年(2016年)を記念し、国境を越えた家族の絆を描くヒューマンドラマ。
群馬県高崎市でラーメン店を営む真人は、店主だった父の突然の死をきっかけに、遺品から1冊の古い日記帳を見つける。それは真人が10歳の時に亡くなったシンガポール人の母が書いたもので、料理のレシピや写真など、様々な思い出が詰まっていた。
真人は両親の足跡を追って、単身シンガポールへ。シンガポール在住のフードブロガー・美樹のサポートにより、シンガポールのソウルフード・肉骨茶(バクテー)の店を営む叔父と再会を果たし、初めて知る家族の歴史と向き合うことになる。日本料理の板前だった父と、街の食堂の娘だった母との出会いや、母と祖母の悲しい過去、母の切なる願いなどを知ることになる。そして、バラバラになった家族を再び取り戻すため、真人は家族の想いを融合させた料理を完成させていく。
キャストは、日本とシンガポールの食文化の懸け橋となる真人役に、俳優だけでなく、監督としても映画を通した国際交流に積極的に取り組んでいる斎藤工。真人にシンガポールを案内する現地在住のフードブロガー役に、永遠のアイドルとして不動の人気を誇る松田聖子。その他、伊原剛志、別所哲也などのベテラン日本人キャストに加え、人気コメディアンのマーク・リー、国民的女優のジネット・アウといったシンガポールのキャストが参加。
監督はカンヌ、ヴェネチア、ベルリンなどの国際映画祭で高い評価を得ているシンガポールを代表する映画監督のエリック・クー。『TATSUMI マンガに革命を起こした男』などでも知られる。
映画『家族のレシピ』は、生きることをテーマにした作品である。作中に登場するラーメン、バクテー、チキンライス、チリクラブ、茶などの日本とシンガポールの食の数々も大きな見どころのひとつとなっている。
食は生きる行為そのものだ。そして、家族とその歴史、自分のルーツを探すこと。これらも人が生きていく上で、欠かせない出来事である。
映画では、家族の歴史が謎解きのように描かれていて、物語が進んでいくうちに徐々に明かされていくのもまた興味深い。
本作で描かれているのは、日本からシンガポールへ向かうある男の物語だが、主人公の物語は現代社会を生きている私たちひとりひとりの物語でもあるのだと強く感じた。
(宋 莉淑 ソン・リスク/文筆家)
公開=3月9日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー
公式HP=www.ramenteh.com
2019-02-27 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
駐米大使候補を忌避人物に認定
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません