ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年02月27日 08:08
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「適切な教育を受けたか疑問」―共に民主党最高議員・薛勳―
共に民主党の薛勳最高議員は22日、文在寅大統領に対する20代男性の支持率が急落している原因を問うメディアとのインタービューで「教育が原因だと思う。李明博・朴槿惠時代に学校に通っていた彼らが果たして適切な教育を受けたかどうか疑問だ。支持率の下落は彼らがきちんとした教育を受けていないせいだ」と語った。薛議員の発言は大きな波紋を呼び起こした。各種メディアは薛議員に再度インタービューを行ったが、そこでも「間違ってはいないと思う」と回答している。

「趙允旋前長官の投獄は無効」―正しい未来党最高議員・李俊錫―
正しい未来党の李俊錫最高議員は20日、自分のFacebookで環境部ブラックリスト疑惑に関して文在寅政権を批判した。李最高議員は「保守政権でリストを作成したときは、青瓦台の越権行為だと攻撃したはずだ。しかし、自分たちが作成したものに対しては、合法的なチェックリストといっている。その論理を用いるなら、趙允旋前文化体育部長官が投獄される理由などないではないか」と文政権を批判した。環境部ブラックリスト疑惑は、キム・テウ前青瓦台特別監察班捜査官の暴露から始まったもの。

2019-02-27 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません