ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年02月27日 08:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「天音」テーマに 水墨彩色画家・崔敬壽 日本初の個展

 

 水墨画に彩色をほどこす水墨淡彩の画家・崔敬壽氏の日本初となる個展が11~23日、東京都千代田区内のギャラリーで開かれた。
絵の主役はマクサバル(井戸茶碗)だ。韓国では庶民の生活に欠かせない食器。崔氏は、マクサバルの中に子を想う母の深い愛情を見る。人はマクサバルでご飯を食べながら、天の理のもと人生を営む。空っぽの器を眺めていたら、天からの音と母の愛の音がハーモニーとなって聞こえてきたのだという。会場には「天音」をテーマにした作品が30点近く並ぶ。眺めていてどこか懐かしい気持ちになるのは、絵に込められた愛情のなせる業か。

写真:(右)崔氏が焼いたマクサバルも4点展示された。直径16センチほどの大きさ(左)水墨彩色画「天音」

2019-02-27 5面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
立証された韓日GSOMIAの効用
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません