ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年02月27日 07:51
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
在郷軍人会日本支会総会開く

 大韓民国在郷軍人会日本支会は18日、民団会館で2019年度定期総会を開いた。会員と駐日陸軍武官や民団中央の鄭夢周副団長など来賓が約50人が出席した。
支会は来賓として参席した民団東京の金秀吉団長に本国の在郷軍人会長の感謝牌を授与した。
今回の総会では孫京翼会長が会長職に再任することになった。副会長には康榮淳理事、監事には朴榮極理事が追加選任された。
総会では安保危機に対する報告や討論は行われなかった。会員たちから、監査報告や19年事業計画と予算案に対する質問や指摘があった。特に、未曾有の安保危機の中で、活動予算が事実上組まれていないのは、組織の存在意義が問われる重大事と指摘された。だが、会員の当然の指摘に対し、洪性律監事と執行部の対応は不適切で顰蹙を買った。

2019-02-27 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません