ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年02月27日 07:32
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
航空6社売上高 過去最高に
営業利益は大幅縮小

 韓国航空会社6社は、昨年の売り上げが過去最大を達成した一方、営業利益は6社とも減益となったことが明らかになった。
航空業界によると、FSC(フルサービスキャリア)の大韓航空は単体基準で12兆6512億ウォン、アシアナ航空が連結基準で6兆8506億ウォンの売り上げを記録した。前年よりそれぞれ7・2%、10・0%の増加。
LCC(ローコストキャリア)に目を向けると、チェジュ航空は連結基準で前年より26・4%増の1兆2594億ウォン、ジンエアーは連結基準で1兆107億ウォン、ティーウェイ航空は単体基準で7319億ウォン、エアプサンは単体基準で6547億ウォンと最大の売り上げを達成した。
一方、営業利益は大韓航空が6924億ウォンで前年より27・6%減少。アシアナ航空は2759億ウォンから1784億ウォンに35・3%減。ジンエアーが969億ウォンから616億ウォンに36・5%減、エアプサンが344億ウォンから202億ウォンに41・2%減少するなど、利益幅が狭まった。
航空利用客の増加にともない業績が好調だった半面、原油価格の上昇の影響により、営業利益が減少したとみられている。今後も新規LCCの市場参入が見込まれることから、運賃引き下げ競争で業績改善は容易ではないだろう。
航空業界関係者は「LCCは地方空港を中心に路線を積極的に拡大しているが、価格競争が激しく収益を高めることを難しいだろう」と見ている。

2019-02-27 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
精神論〔1758年〕 第三部 第9章 情念の起原について
金正恩と文在寅打倒を訴えた日韓の有志たち(2月17日の午後、東京十条駅前)
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません