ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年02月27日 07:29
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 2回目の米朝首脳会談を前に、日本でも関連報道が増えてきた。平和条約締結をもくろむ北韓に対し、非核化を実現させたい米国という見方は、大筋において間違いなかろう▼韓国関連の報道も、目につくようになってきた。特に、日本との関係悪化に絡めたものだが、それを関連付ける形で、韓国の対北傾倒を指摘している。つまり、韓国が日米側から離れ、中朝側に取り込まれることへの懸念である▼確かにその憂慮はわかる。だが、簡単に「韓国が」と報じてしまうことに危機感を覚える。主語が「韓国」となってしまうと、過去も現在も未来も、「韓国」は日本といがみ合い続け、親中・従北路線を取るということになる▼だが、過去のどの政権よりも「反日」「従北」傾向が強いのが現政権である。メディアの一員として、簡単に「韓国は」との守護を避け、適宜「文在寅政権は」としなければ、「韓国=反日」というイメージが日本に根付きかねない▼「民団主導で韓国政府に働きかけを」という1月30日付の記事が、今も本紙ホームページのアクセス数上位に位置している。各地の新年会で拾った声を紹介しているのだが、その中に「韓国政府に対して在日同胞の思いというものを何らかの形で発信していく必要があると思う」との意見があった▼今の民団にとって、韓国政府を動かすのは難しいことではある。ここも見方を文在寅政権と換えてみればどうだろう。韓国の野党の一部や各界の有力人士に働きかけるなど、まずは行動を起こすことが大事だ。

2019-02-27 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
精神論〔1758年〕 第三部 第9章 情念の起原について
金正恩と文在寅打倒を訴えた日韓の有志たち(2月17日の午後、東京十条駅前)
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません