ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年02月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「悲しくてかっこいい人」(イ・ラン・著/呉永雅・訳)

 シンガーソングライター、映像作家、イラストレーター、漫画家、エッセイストと多方面で活躍する作者が、日々のひとりごとをつづった作品だ。自分自身に投げかける数多くの質問と、その答えを探し出そうとする様が、日常の出来事とともに描かれている。
全体に漂うのは悲しみだ。もしかしたら人は悲しみの濃淡を繰り返しながら生きているのだろうか。作者の問いかけは、いつのまにか自分の声と重なる。『人は、自分のことをどんなふうに面倒をみてあげながら生きているんだろう?』
一方で強烈なエネルギーのうねりを感じる。なぜそうなのか、何をしたいのか、次々と飛び出す質問には、この答えをどうにか探し出してやろうという作者の強い思いが込められているのだ。
こんなことまで書いていいのかと苦笑する場面もあるが、イ・ランワールドへの門は大きく開かれているのだと気がつく。
リトルモア刊 定価=1800円(税別)

2019-02-20 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
立証された韓日GSOMIAの効用
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません