ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年02月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
影落とす韓日関係に「光」を 
「韓日伝統音楽家の出会い」韓国文化院

 若手伝統音楽家による韓日の交流舞台「韓日伝統音楽家の出会い」が15日、韓国文化院で開催された。主催は駐日韓国大使館、韓国文化院、民音および民主音楽博物館。
韓国からは、閔栄治さん(チャンゴ奏者)、キム・ジュンヒさん(ヘグム奏者)、パク・ミウンさん(ピリ・デピョンソ奏者)の3人が登場し、閔さん作曲・構成の「月虹」を独特の音色で演奏した。両国で活躍する閔さんは、「影を落とす韓日関係を淡く美しい光で照らしたい」との思いでこの曲を作ったという。
日本からは、津軽三味線の山口ひろしさん、尺八奏者の田辺恵山さん、民謡歌手の山本泉さんが出場。津軽じょんがら節やちゃっきり節、南部俵積み唄など6曲を披露した後は、舞台上に一同が集まり、アメイジンググレイス、アリランを演奏。聴衆は、五つの楽器と歌声の相乗効果で生まれる音の世界を楽しんだ。最後は客席も一緒に、熊本県の民謡・牛深ハイヤ節で盛り上がった。

2019-02-20 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません