ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年02月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
各地で ダイジェスト

◆日韓の学生団体が韓国大使館を訪問

【東京】韓日の草の根交流を目的とした非営利団体「日韓学生未来会議(JKSFF)」の学生らが7日、東京・麻布の駐日韓国大使館を訪問し、洙勳大使との懇談会を開いた。

 大使は学生らに対し「韓日の間には敏感な問題もあるが、こういう時期だからこそ両国の若者の交流が大事だ」などと語った。また、「今後も両国民の相互理解、連帯感、信頼増進のために架け橋としての役割を担ってほしい」と激励した。

 「JKSFF」とは「Japan Korea Students Future Forum」の略称。韓国側のパートナー団体、「KJSFF」と連携しながらさまざまな交流を行う学生主体の非営利団体だ。

◆雪まつりでコンサート 観光客に好評

【北海道】札幌韓国総領事館と済州特別自治道、北海道庁は9日、「第70回さっぽろ雪まつり」大通5丁目会場で「コリア・サウンド・ブリッジ」イベントを開いた。

会場では、済州島の概要や特産物、主要観光地を紹介するミニセミナーが開催されたほか、済州を中心に活動するスカバンド・サウスカーニバルらが済州の方言で作られた曲を披露した。

◆八尾支部 節分行事で豆まき

【大阪】民団八尾支部は1日から2日にかけ、節分行事を行った。高齢者の通所施設や街かどデイハウス利用者、八尾オリニバンの子どもたちが参加した。

会場では、手作りの「福娘」や「鬼」のお面をかぶり、「鬼は外!福は内!」などと声を出しながら福豆を撒いた。

◆大田教育庁研修団らが金剛学園訪問

【大阪】韓国・大田教育庁学校運動部の育成有功教員国外研修団35人が14日、金剛学園を訪問した。大田教育庁所属の校長、教師らが参加した。

一行は、同校の民族教育と在日同胞の生活について研修を受けたほか、韓日の学生におけるスポーツ活動などについて質疑応答が行われた。

2019-02-20 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません