ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2019年02月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
有志連合 北韓攻撃へ
韓国抜きで米・日・豪が軍事訓練

 文喜相国会議長一行の訪米(10~15日)は、米議員が韓国の安保を憂慮し、一方の韓国議員は北韓の立場を代弁するという、奇異な光景を再確認する機会だった。米議会の重鎮議員たちは、対北制裁を破る韓国の銀行や企業が制裁対象になり得るとまで警告した。
こういう状況の中、米国が北韓に対する多国籍軍の作戦態勢を完成させている。米国は韓米共同訓練を拒否する文在寅政権を排除し、日本との訓練を強化している。米国はこれまで日本とは海・空軍訓練、特に海上作戦の訓練が中心だった。だが日米訓練は、地域的範囲を拡大、インド洋での訓練を定例化するなど、すでに日本は西太平洋を越えて米国のグローバルパートナーとしての役割を任っている。
統幕は2月12日、米国・日本・オーストラリアが20日から3月8日までグアムで連合空軍訓練をすると発表した。今回の訓練は、ハノイで開催される米朝首脳会談を前後に17日間実施される。この訓練が特に注目されるのは、動員される兵器と訓練内容が対地攻撃(爆撃)訓練という点だ。西太平洋地域でこのような対地攻撃を想定し得る地域は、現在の状況では北韓だけだ。韓半島の有事の際、当事者の韓国軍を除いて日本が参加するという、有志連合の作戦態勢が整ってきているのだ。 

2019-02-20 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
精神論〔1758年〕 第三部 第9章 情念の起原について
金正恩と文在寅打倒を訴えた日韓の有志たち(2月17日の午後、東京十条駅前)
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません