ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2019年02月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
崩壊の兆し、続く告発
主思派政権の積弊を内部から

 文在寅政権が崩壊する兆しが濃くなっている。米朝首脳会談にもかかわらず、文政権支持率が上がらない原因は、何よりも経済事情が悪いからだ。文政権は国民を貧しくする略奪集団という認識が国民の間に広がっている。文政権は1年半間に54兆ウォンをばらまいたが、失業率は13%でIMF事態後最悪だ。そして、対策は税金だけだ。文大統領は来年の選挙を控えて、この3週間で釜山、済州、大邱に3つの空港を建設する計画を発表した。文政権のポピュリズムで国家不渡りが現実化している。
主思派政権の積弊を内部から告発する事件が噴出している。いくらマスコミを統制しても、ユーチューブなどSNSが金泰佑など内部告発を報道する。金前青瓦台特別監察班の捜査官が告発した、環境部のブラックリストの存在が確認された。金恩京長官はブラックリストに対して指示や報告を受けた記憶がないと言ったが、長官専用のフォルダが発見された。
金恩京長官も骨の髄まで主思派出身で、盧武鉉政権下、文在寅と一緒に勤務した。当然文政権の方針で、前政権の人々を粛清する作業をやったとみられる。ところが、金恩京長官も黒山島空港建設に反対したため、青瓦台の特別監察班によって弱点を調べられた。
すべての省庁に積弊清算の組織が作られたのは秘密でも何でもない。だが、ドルキング事件で見られるように、文政権はあまりにも多くの違法、不正の塊だ。不満を持っている人々から多くの告発が続く。
柳仙珠公正取引委員会の審判管理官が、金尚祚公正取引委員長の不正を告発した。柳審判管理官は、裁判官として15年勤務し、2014年、公正取引委員会へ移った。彼は柳韓キンバリーなどの企業の不正に目をつぶった公正取引委の内部の談合体質を直そうとしたが、逆に孤立し陰湿な攻撃を受け、金尚祚によって職務停止を受けた。柳審判管理官は金尚祚などを告発した。

2019-02-20 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
立証された韓日GSOMIAの効用
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません