ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2019年02月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「国民抵抗」をリードできない
第1野党は解体せよ

 このままでは文在寅政権で国家不渡りと赤化の危機に陥るとの危機感が、韓国で澎湃している。文政権への国民抵抗運動が本格化している。全軍救国同志会、非常国民会議、国を守る高校連合、新しい韓国のための国民運動、自由民主国民連合、大韓民国守護予備役将星団の6団体は18日、主要日刊紙などに「文在寅政権、もう我慢できません」という広告を出した。3月1日には、文政権打倒の大規模集会も開かれる。
だが、第1野党の自由韓国党は、文政権打倒より党代表の選出(27日)に力量を費やしている。特に、党非常対策委員会(金秉準委員長、羅卿瑗院内代表など8人)は、李鍾明議員を除名すると決めた。文政権を恐れて「5・18民主有功者名簿の公開」などを要求した李鍾明議員を除名すると決めたのだ。除名は所属国会議員3分の2以上の賛成で確定される。
国民の絶対多数が望む5・18有功者名簿の公開要求を代弁した李議員は、軍服務中、最前線の捜索大隊長として後任者との引き継ぎのとき、後任者が地雷爆発で倒れるや彼を救出、やはり地雷爆発で両足を失った。彼は、重傷を負いながらも部下たちを保護した軍人の表象だ。国防部は彼のため傷痍軍人も軍服務ができるように規定を改めたほどだ。2016年、セヌリ党(現自由韓国党)が比例代表で彼を迎え入れた。
自由韓国党の非常対策委員会は、文政権や左派メディアを恐れて、国と党のため努力する党員を保護しない。党代表と最高委員に立候補した金鎮台、金順禮議員に対する懲戒は、党大会の後に留保した。だが、金鎮台議員に対する党内の支持率が上昇している。
それでもメディアは5・18有功者名簿公開要求を妄言だと、国民を煽動し続けている。

写真:金鎮台議員に対する党内の支持率が上昇

2019-02-20 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
立証された韓日GSOMIAの効用
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません