ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-05-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年02月14日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
友好持続を願う展示会

 韓日間の緊張が続くなか、両国の友好関係を持続・発展させようという動きも現れている。市民の交流をさらに深め、目をそらさず歴史についてもきたんなく語りあおうというイベントを取材した。

◆東アジア文化都市記念「仁川広域市と豊島区」写真展・韓国文化院

相互理解と連帯感の形成目指す

 「東アジア文化都市」は、韓日中文化大臣会合の合意に基づき制定されたもので、2014年に始まった。毎年、それぞれの国で文化芸術の発展を目指す都市を選び、東アジア域内の相互理解と連帯感の形成を目指す。今年は仁川広域市、東京都豊島区、西安市が選ばれており、趣向を凝らした交流イベントが今後1年間を通じて行われる。
これを記念して韓国文化院では7日から、仁川広域市と豊島区の自然風景、町の風景などの見どころを紹介する写真と映像資料の展示会を開催。
仁川には韓国を代表する仁川国際空港があり、ペンタポートロックフェスティバルの開催、月尾島や乙旺里海水浴場などの観光地も有名。一方、豊島区は人口の1割が外国人居住者で、特に韓国・中国人の比率が高い。昔から演劇、漫画、アニメ、伝統芸能などが地域に根付いている。
■会期=2019年3月9日(土)まで。10:00~17:00。日曜日・祝日・3月1日(金)休館
■会場=韓国文化院ギャラリーM1
■入場料=無料
■主催=駐日韓国大使館、韓国文化院
■特別協力=仁川広域市、豊島区

◆100周年記念「3.1独立運動」資料展示・高麗博物館

歴史を学び意見交換の場をつくる

 3・1独立運動から100年を迎え、高麗博物館で6日から、「3・1独立運動100年を考える―東アジアの平和と私たち」と題した企画展示が始まった。
(1)独立運動前史(2)概要(3)宗教の役割(4)女性の参加(5)提岩里虐殺事件(6)新聞報道はどう伝えたか(7)日本人はどう見たか(8)独立運動と在朝日本人―との順にパネルが並ぶ。
企画展の発起人の一人である原田さんは、1965年ころ提岩里教会事件を知った。内容に驚き、中学校教員のかたわら日本人による謝罪委員会の募金活動に協力した。日本の歴史教育において、3・1独立運動は十分に説明されないできた。内容を知らない日本人は多いのでは、と話す。
2001年に提岩里に殉国記念館が建てられ、謝罪活動に関するパネルが掲示された。しかし理由は不明だが、18年4月15日にこのパネルは撤去されている。都合の良し悪し、感情の好悪にかかわらず、実際に起きたことを知らしめる努力は必要だろう。
■会期=2019年6月23日(日)まで。12:00~17:00。月・火曜日休館
■会場=高麗博物館(東京都新宿区大久保1―12―1・第2韓国広場ビル7階)
■入場料=一般400円、中高生200円。

2019-02-14 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
主思派政権 反逆クーデターが最終段階へ
金正恩を日本の法定で裁こう!
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓自協結成・決起大会 参加に反対せず
韓国2大航空財閥が混迷
ブログ記事
金正恩の殺戮の歴史
太極旗決起、ソウル国立顕忠院から光州まで民心の爆発
光化門に登場した太極旗キャンプ
自由民主の大韓民国陣営がなすべきこと
文在寅独裁打倒、光化門行進
自由統一
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません