ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2019年02月14日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「青瓦台がドルキングのUSBを調べるよう指示」
金テウ前民情首席室捜査官

「金知事のライン上に文大統領がいる」―洪準杓自由韓国党前代表

 10日、青瓦台・民情首席室に所属する特別監察官出身の金テウ前捜査官が「在任中、青瓦台の特別検察班長が、ドルーキングのUSBを調べるよう指示した」と暴露した。当時の青瓦台特別検察班長は李インゴル氏だ。
金前捜査官は同日、国会議員会館で記者会見を開き「私が警察庁を訪問し、私の知人が捜査を受けた事件を照会したとして青瓦台から監察された。しかし、進行中の捜査状況を違法に照会したのは青瓦台だ」などと主張した。同氏は2018年7月25日午前11時11分、「李前特別検察班長が、私を含む検察出身の特別監察班員4人に向け、テレグラム団体サイトにメディアの記事リンクをアップした」と暴露した。さらに金前捜査官は「記事内容は、ドルーキングが容量60ギガバイトのUSBを特別検察に提出したという内容だった。李班長は『本当に提出したのか』『USBにどんな内容が入っているのか、ざっと調べてもらいたい』と指示した」と述べた。
さらに金前捜査官は「ちょうど13分後、某特別監察班員が指示通りに内容を調べ『USBの提出は事実であり、内容は金慶洙(慶南道知事)とメッセンジャーの内容を含むコメント操作過程上の文書です』と報告した」と付け加えた。金前捜査官はまた「当時、某特別監察班員が報告した内容」として、本人の携帯電話に証拠が完璧に保存されていたと主張した。
これについて自由韓国党の洪準杓前代表は「ドルーキング事件で法廷拘束された金慶洙慶南知事のライン上に文在寅大統領がいる」との考えを記者団の前で語った。
洪議員は8日、慶南・昌原で開いた記者懇談会で「大統領選挙の正当性に問題のある政権が、前大統領を拘束し続けることは可能なのか」と反問し「金知事の事件について、ドルーキング世論操作コメントは8800万件に及び、国家情報院のコメント事件(12年18代大統領選挙で国家情報院の要員らがインターネット上にコメントを残した事件)の200倍を超える」と指摘した。
一方、自由韓国党の新たな党代表を選出する全党大会は、当初の予定通り今月27日に開催されることになった。しかし、黄教安前総理と金鎮台議員を除く6人(洪前代表含む)の候補らは延期を主張し、大会の「ボイコット」を宣言した。多くの候補たちが「米朝首脳会談」の日程と重なることを理由に集団ボイコットを宣言したもの。これにより、自由韓国党全党大会の開催は宙に浮いた格好となっている。

2019-02-14 3面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
立証された韓日GSOMIAの効用
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません