ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-04-24 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年02月06日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―167―

金郊工場(二)

柳根瀅
高徹・訳/馬瑞枝・画


そうしたある日、黄海道の道庁所属の技士、鄭鳳寛氏が訪ねてきた。
「柳先生、道の補助金を貰う考えはありませんか?」
「そうですね。そのつもりはなくはないですが、手続きの方法をよく知らないもんで、ためらっているんですよ」
「いま、納得のいく作品はありますか?」
「ええ、何点かありますよ」
「それじゃあ、贈り物としていくつか持って私といっしょに道知事のところへ行きましょう。柳先生の挨拶代わりです。そうそう、行く前にひとこと言っておかないといけないことがあります。道知事という人は元来、性格がとても頑固なだけでなく、これがまた極端な親日家で、い
つも日本語ばかり使っています。その点をよく心得ておかないと」
「はい、わかりました」
私は作品を何点か持って、彼について行った。
「これをいま君が作っているのか?」
「はい、そうです」
「そうか、この技術をどこで習ったのかね?」
「習ったのではなく、五〇〇年間滅んでいたものを私が復活させたのです」
「うーん、そうか。こんなに美しいものをねえ」と言いながら、高麗青磁を手に、上から下までためつすがめつした。知事は六〇歳の割には若干老けて見えた。それに額の皺といい、左右のたくさんの頬毛といい、分厚い唇といい、どこから見ても意地悪そうで、また移り気な性格が窺えた。その日は作品を渡しただけで帰ってきた。
その後も何度か彼に会いに出かけたが、そのたびに日本語で話さねばならないために嫌気が差したが、仕方なく我慢した。しかしその後、とうとう我慢も限界に達してしまった。
「道知事、今日は私と二人きりなのに何でわざわざ無理をして日本語で話すのですか? 私は朝鮮語で話しますから、知事もそうなさってください」
「そんなこと言っては、いけないぞ」
と、いぜん日本語を使うのだった。
「朝鮮人が朝鮮語を使うのに、いけないってことがありますか?」
「やかましい。そんなことを言う奴は非国民だ」
「そうですか。私は日本にとっては非国民です。でも、朝鮮人の根本を忘れて日本におもねる人は腑抜けですよ」
「何、この野郎!」
「また日本語を使うんですね。いくらあなたが日本人の嫡子になりたいと思って頑張っても、連れ子でしかなく、絶対に嫡子にはなれませんよ」
「この野郎! 誰かいないか。こいつを追い出せ!」
「いえ、おかまいなく自分の足で歩いていきますから……。あなたのような人を日本人が何と言っているかご存知ですか? 腑抜けって言ってますよ」

2019-02-06 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
ミキ・デザキ監督・イ・ジャンフン監督...
文在寅政権 国民を人質にして同盟に挑戦
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓国が5G分野主導
米中戦争で決まる韓半島の未来
ブログ記事
対北海上遮断作戦に韓国だけが不参
国民・大衆にも責任がある
米国が文在寅政権に「米・韓・日共助」を圧迫する理由
イスラエルのシリア軍基地爆撃で北韓ミサイル技術者が死亡
審判連帯のロゴ・ソング
自由統一
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません