ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-10 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年02月06日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
お正月体験イベント 韓国の旧正月「ソルナル」文化院で
伝統工芸体験コーナー大盛況

 韓国では、盆や正月は旧暦で盛大に祝う。2019年の旧正月は2月5日であることから韓国文化院では2日、韓国の伝統的な正月が体験できるイベントを開催した。会場は家族連れなどで賑わい、特に伝統工芸体験コーナーには、開始30分で200人近い長蛇の列ができた。

 韓国の元日は、まず「正朝茶禮」という先祖供養の祭事を行う。そして、その家の主が家族の健康などを願う一言を述べる。これを「徳談」といい、次に主が先祖へ、また目上の家族や親戚へ「歳拝」と呼ばれる挨拶の礼を行うのが一般的だ。


この日のイベントでは、ユンノリ(韓国のすごろく)、コンギノリ(おはじき)、投壺(トゥホ、矢投げ)の正月遊びから、韓紙工芸品作り、ハンボク試着などを体験できた。待ち時間30分以上となった工芸品体験だったが、「縁起物だから」「去年とは違うものを作りたいから」と参加者は後を絶たない。
また、午後からは2020年東京オリンピック・パラリンピック正式種目であるテコンドー体験や餅つきが行われ、大人も子どもも楽しめる一日となった。

【写真】
上左:昨年も来たというご夫婦。いい記念になりましたと語る
上右:韓紙工芸品・手鏡の作り方を熱心に聞く
下左:テコンドーの型の基本を一生懸命に学ぶ
下右:「新鮮で意外に楽しい」と韓国のすごろくに興じる

2019-02-06 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
韓国与党が中国共産党と政策協約
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
오사카금강학원 新 이사장에 崔潤 씨
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません