ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-04-24 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年02月06日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
在日文学を考察
一橋大学韓国研究センター

 一橋大学・韓国学研究センターでは、2016年の設立以来「歴史的な和解の可能性を模索する韓国学」を研究テーマとして、文化および学術など多様な分野での学生・研究者・市民と交流活動を続けてきた。
先月29日に開かれた勉強会では、ディアスポラ文学という位置づけで在日の作家を取り上げた。本紙に小説を連載していた金鶴泳、芥川賞作家の李良枝など、1945年から現代までの流れを追う。
ディアスポラとは、もともとギリシャ語で「撒き散らされたもの」の意で、国家や民族の居住地を離れて暮らす国民や民族、そのコミュニティを表す言葉として使われている。
言語と民族と国家の三位一体がズレたところにアイデンティティーの苦悩が生ずるのだが、この痛切さを愉快さと捉えたらとの提案が出された。ここに多文化共生のヒントがあるように思えた。

2019-02-06 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
ミキ・デザキ監督・イ・ジャンフン監督...
文在寅政権 国民を人質にして同盟に挑戦
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓国が5G分野主導
米中戦争で決まる韓半島の未来
ブログ記事
対北海上遮断作戦に韓国だけが不参
国民・大衆にも責任がある
米国が文在寅政権に「米・韓・日共助」を圧迫する理由
イスラエルのシリア軍基地爆撃で北韓ミサイル技術者が死亡
審判連帯のロゴ・ソング
自由統一
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません