ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年02月06日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
旧正月の過ごし方に変化
日帰り増加の原因は「ストレス」

 旧正月や秋夕の動向に変化が訪れている。これまで韓国では、各節の連休中は実家で過ごすのが当たり前だった。それが昨今では日帰りを選択する人が増えている。
日帰りが増えた背景には「ストレス」がある。先月就職ポータルサイトが行った成人男女1004人に対する調査では、53・9%が帰省中に何らかのストレスを受けると回答した。既婚者は贈り物や小遣いなどで出費が増える経済的ストレスが、未婚者の場合は親族などからの小言や説教といった精神的ストレスが原因のトップとなっている。
結婚の催促は確かにストレスとなるが、未婚者の増加は経済的な問題が原因でもある。要は経済の低迷が家族との過ごし方にも影響を及ぼしているといえる。

2019-02-06 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
駐米大使候補を忌避人物に認定
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません