ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-04-17 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年02月06日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
依存症対策に5社協力
パチンコ業界初の共同声明発表へ

 パチンコ業界の大手5社が力を合わせてギャンブル依存症への対策を図ることになった。ギャンブル依存症という社会問題への懸念がパチンコ業界へ大きな影響を与えている現状から、5社は依存症への対策を喚起し、全パチンコ業界へ協力を申し入れた。

 パチンコホール大手5社(合田観光商事・ダイナム・ニラク・マルハン・夢コーポレーション)は1月30日、社会問題化が懸念されるギャンブル依存症対策に向けた共同声明を発表した。
昨年7月のギャンブル依存症対策基本法の成立から、5社が対策を強化すべきだとの認識で一致し、今回の協力に到った。
今後、5社が先頭に立ち、全国の業界全体に取り組みを広げていく。また、各社の従業員の勉強会などを動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開し、啓蒙活動なども行っていく。
この日も共同声明発表と共にワークショップを開催、5社から約70人の社員が参加した。
「依存について考える」をテーマに、認定NPO法人リカバリーサポート・ネットワークの西村直之代表理事が講演を行い、参加者のパチンコ依存への理解を深めた。勉強会では各社の社員たちが今までのホールの対応や、これからの対処の仕方などについて意見を交換した。
各社のトップは今後の方針を次のように語った。「依存症は業界全体が力を合わせて対応すべき問題であり、これからも協力していきたい」(合田観光商事・合田康広常務)。
「ホール経営者のサービスへの思いはそれぞれ違うが、お客様が安心して楽しむことができる環境を望むことは誰もが同じはず」(ダイナム・藤本達司社長)。
「パチンコから離れていた方々も業界の変化に気付き、戻るきっかけにして欲しい」(ニラク・谷口久徳社長)。
「遊技業界に残された課題は多い。今回の勉強会をきっかけに依存についてより深く理解し、お客様に安心して長く遊技を楽しめるよう価値ある娯楽を作っていきたい」(マルハン・韓裕社長)。
「楽しむためにいらっしゃったお客様が不幸になっては不本意だ。依存の対策に全国のホールが一つになって対応するべき」(夢コーポレーション・加藤英則社長)。
今後、依存症の予防を中心に、対策の重要性を共有した上で全ての従業員が行動し、誰もが安心して遊べる遊技を提供する責務を果たしていくとした。

写真=結束を固める5人(左から合田常務、藤本社長、谷口社長、韓社長、加藤社長)

2019-02-06 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
ミキ・デザキ監督・イ・ジャンフン監督...
文在寅政権 国民を人質にして同盟に挑戦
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓国が5G分野主導
米中戦争で決まる韓半島の未来
ブログ記事
対北海上遮断作戦に韓国だけが不参
国民・大衆にも責任がある
米国が文在寅政権に「米・韓・日共助」を圧迫する理由
イスラエルのシリア軍基地爆撃で北韓ミサイル技術者が死亡
審判連帯のロゴ・ソング
自由統一
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません