ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年02月06日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
東京慶尚南道民会が新年会
民団関係者ら120人が参加

李会長の挨拶
 東京慶尚南道道民会は2日、都内のレストランで新年会を行った。
会場には民団東京本部の金秀吉団長や呉公太・民団中央本部前団長など約120人の来賓と会員が参席し慶尚南道民会の新年会を祝った。
慶尚南道民会の李政治会長は「当道民会もまもなく創立から半世紀を迎えようとしている。皆様もご存知のように年数が経てば会員の年齢が上がり、会を支えた人々も年をとっていく。これからも会を続けていくためには、若い人の参加が不可欠だ。しかし、参加する人は非常に少ない。昨年からこれを打開するために尽力してきている。今年もこの問題の解決のために引き続き、力を入れていきたい」と新年辞を結んだ。

2019-02-06 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
文政権の「脱原発」は、韓国の核能力抹...
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
ひんしゅく買う与党議員らによる「積弊」問題
次期大統領候補が相次いで拘束
ブログ記事
救国の国民抵抗に在日同抱も参与せよ!
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
セヌリ党が都泰佑代表体制に
反日種族主義を打破しよう
『韓国壊乱』のあとがき
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません