ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-04-17 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年02月06日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
呉公太前民団長に無窮花章
「いかなる時でも在日同胞の立場を代弁」

勲章を授与される呉前団長(中央)

 「民団団長として在任時、いかなる時でも在日同胞の立場を代弁しようとしました。外圧で言いたいことを言えなくなるのは自由民主主義とは呼べません」
呉公太前民団中央本部団長は1月30日、本人の無窮花章受勲祝賀会でこう述べた。
呉前団長は「民団にかかわってきたなかで、2006年の5・17朝総連との和解騒ぎと釜山の日本領事館前の慰安婦少女像の時は本当に腹が立った」「批判をあびても在日同胞、民団の声を発するようにした。今日の栄誉は、そのお陰だと思っている」と振り返った。
この日、都内のホテルで行われた受勲祝賀会には李洙勲駐日韓国大使や民団中央の呂健二団長、日韓議員連盟の額賀福志郎会長、自民党の小渕優子氏など約400人の来賓が参加した。呉前団長は昨年10月のヘイトスピーチ法制定及び在日同胞社会の権益拡大に寄与した功労を認められ、無窮花章が授与された。無窮花章は民間人が受けられる韓国の最上位の勲章。

2019-02-06 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
ミキ・デザキ監督・イ・ジャンフン監督...
文在寅政権 国民を人質にして同盟に挑戦
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓国が5G分野主導
米中戦争で決まる韓半島の未来
ブログ記事
対北海上遮断作戦に韓国だけが不参
国民・大衆にも責任がある
米国が文在寅政権に「米・韓・日共助」を圧迫する理由
イスラエルのシリア軍基地爆撃で北韓ミサイル技術者が死亡
審判連帯のロゴ・ソング
自由統一
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません