ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-10 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年02月06日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
呉公太前民団長に無窮花章
「いかなる時でも在日同胞の立場を代弁」

勲章を授与される呉前団長(中央)

 「民団団長として在任時、いかなる時でも在日同胞の立場を代弁しようとしました。外圧で言いたいことを言えなくなるのは自由民主主義とは呼べません」
呉公太前民団中央本部団長は1月30日、本人の無窮花章受勲祝賀会でこう述べた。
呉前団長は「民団にかかわってきたなかで、2006年の5・17朝総連との和解騒ぎと釜山の日本領事館前の慰安婦少女像の時は本当に腹が立った」「批判をあびても在日同胞、民団の声を発するようにした。今日の栄誉は、そのお陰だと思っている」と振り返った。
この日、都内のホテルで行われた受勲祝賀会には李洙勲駐日韓国大使や民団中央の呂健二団長、日韓議員連盟の額賀福志郎会長、自民党の小渕優子氏など約400人の来賓が参加した。呉前団長は昨年10月のヘイトスピーチ法制定及び在日同胞社会の権益拡大に寄与した功労を認められ、無窮花章が授与された。無窮花章は民間人が受けられる韓国の最上位の勲章。

2019-02-06 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
韓国与党が中国共産党と政策協約
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
오사카금강학원 新 이사장에 崔潤 씨
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません