ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-04-17 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年01月30日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―166―

金郊工場(一)

柳根瀅
高徹・訳/馬瑞枝・画


金郊に来てからすでに一年がたっていた。商品は出来上がり次第、鍾路の和信百貨店が引き受けてくれたので、販路は別に問題とはならなかった。大きな利潤はなかったが、何とかやっていけた。
ところがその年の夏、好事魔多しと言うべきか、資本主が開豊郡で木炭を焼いて、開城に持ちこんで売り出し、郡書記と組んで等外品の炭を一等品にでっち上げたのが発覚してしまったのだ。結局、資本主が詐欺横領罪で刑務所の厄介になったため、いきおい工場運営のほうも難しくなった。
こうなると、資本主の家族の中からもあれこれ意見が出始めた。
 「主人は自分のいない間は工場の運営資金のことなど、いろいろな困難があるので、いっそのこと閉鎖してしまい、来年また新しく始めたらどうかというんですのよ。どうでしょうね?」
「そうですね。私としては続けましょうと駄々をこねるわけにもいかないし……。それにしても、この工場がどうしてここまで大きくなったと思いますか? 今になって一時的に休業すると言いますが、ここで働く人たちがあちこち散らばってしまえば、今度新しく集めるときは大変なことになりますよ。でも資金が続かないとなればどうしようもないです。ほんとうに惜しいことですよ」
他の人たちからは何の意見も出なかった。暫くの沈黙の後、私はまた言葉を継いだ。
「いい考えがあります。ご主人が出てこられるまでの間、この工場を私に任せてくださいませんか。そうしてくだされば私がその間、どんな困難があっても必ず何とか引っぱっていきますから……」
主人と相談してみるという家族の意見を聞いて、私は工場に帰ってきた。主が刑務所入りしたとの噂のせいか、工場の雰囲気は実に沈鬱であった。彼らは私が開城に行ってきたのを知って、私の口からどんな話が出るかとじっとしていられない様子だったが、工場の人たちには何も言わなかった。
開城から帰って三日後、資本主の妻から通知が来た。主人がいないため資金は出せないが自力でやっていける自信さえあればやってほしい、とのことだった。申し入れは嬉しかったが、次の難題が待っていた。このままでも買い置きの材料で何とか商品を作ることができるが、冬になれば木材が問題になってくる。
それと皆の食生活が気がかりである。私にはこれも大問題なのだ。ひと月目は何とか利子を返してもらった金でまかなったが、長い冬を過ごすのは並大抵のことではない。それに給料だ。給料といっても職工の全員を含めて二百円になるかならない程度の額だが、それでも大きな負担だ。かといって乗りかかった船だ。もう降りられない。工場の人たちを犠牲にして解散するわけにはいかなかった。

2019-01-30 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
ミキ・デザキ監督・イ・ジャンフン監督...
文在寅政権 国民を人質にして同盟に挑戦
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓国が5G分野主導
米中戦争で決まる韓半島の未来
ブログ記事
対北海上遮断作戦に韓国だけが不参
国民・大衆にも責任がある
米国が文在寅政権に「米・韓・日共助」を圧迫する理由
イスラエルのシリア軍基地爆撃で北韓ミサイル技術者が死亡
審判連帯のロゴ・ソング
自由統一
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません