ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年01月30日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「北には支援しているのに」―金武星・自由韓国党議員―
自由韓国党の金武星議員は23日、米側が要求している駐韓米軍経費協議に文政権が難色を示していることに対し「北には惜しまず支援しているのに、米国に対しては何がそんなにもったいないのか」と批判した。現在、米国は年10億ドル(約1兆1300億ウォン)と1年の有効期間を最終案として提示しているが、韓国側は1兆ウォンに3年以上の有効期間を要求しており膠着状態に陥っている。韓国政府は「金額は交渉の余地ありだが、有効期間1年は短すぎる。国会が批准する前に次の年の協議をしなければならない」と説明している。

「絶対に受け入れられない」―金富謙・行政安全部長官―
金富謙・行政安全部長官は25日、朴元淳ソウル市長が21日に発表した新光化門広場設計を「絶対受容不可。合意もできていない事案を確定されたように発表するのは言語道断」と強く反対した。新設計には李舜臣銅像の移転や広場の拡大、ロウソクをイメージ化した広場の形などが載っていて、野党はもちろん与党の中でも「過剰な政治的象徴化」「道路が狭くなり混乱が生じるだけ」などの強烈な反発が出ている。朴市長は金長官に対し「絶対という基準はどこにある」と述べ、反対意見が多数にも関わらず計画への推進意思を示した。

2019-01-30 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
駐米大使候補を忌避人物に認定
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません