ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年01月23日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「中天の半月」(阿部健著)
激動の時代 韓半島に渡った日本人

 著者は、たまたま目にした母方の家系図に今まで知らなかった朝鮮人女性の名前を見つける。金碩玄曽祖父・小宮秀治との間に男児(秀実)を設けていた。このことを知り、著者のなかに朝鮮への関心が強く沸き上がる。この本は、秀治・碩玄・秀実を中心とした三世代にわたる血族の物語なのである。
幕末の元治元年(1864年)、新潟県の村で秀治は生まれた。27歳で北海道へ移住し、38歳のときに家族6人で朝鮮へ渡る。「鶏口となるも牛後となるなかれ」が信条の秀治は、平安北道に郵便局長の職を求めたのだった。折しも朝鮮の通信機関が、すべて日本に接収された頃だった。
衝突や抵抗で死者が多数出たという話をしながら、秀治と知人はポッサム、メウンタン、ヒラメの刺身でマッコリを堪能する。このような郷土料理は、折につけて克明に描かれていて食欲をそそる。時代の流れはどうあれ、人々はしっかり食べて飲んで、たくましく日々を生きていくのだ。
自立する女性を選択する碩玄、自らのアイデンティティーを確立する秀実をはじめ、骨太な登場人物に惹きつけられる作品だ。
阿吽社刊
定価=2000円(税別)

2019-01-23 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
立証された韓日GSOMIAの効用
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません