ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年01月23日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「わたしもじだいのいちぶです」(康潤伊・鈴木宏子・丹野清人編著)
ハルモニたちがつづった人生の歩み

 歴史の生きた証言がここにある。ペンを手にした在日一世のハルモニ16人が、自分の歩んできた道程を綴った。
川崎桜本の識字学級で学ぶハルモニたちは、ほとんどが日本の植民地時代に幼少期を過ごしている。朝鮮でも日本に渡ってきてからも文字を習うことなど叶わずに、戦中・戦後ずっと働きづめだった。せめて自分の名前、住所くらいは書けるようになりたいという願いは強かった。
思い出の作文は、しかし決してほほえましいものばかりではない。
「きてみたらおとうさんは一人じょたいで、したいほうだいで、お金などまったくありませんでした」「小学校4・5年生の男の子たちが山に松ぼっくりをとりに来て土の中の手榴弾を踏んでしまいました」「それであの時のことはもういいです」と途中で打ち切る作文もある。痛みを伴いながら絞り出すように綴られた文字が時代を物語る。
言語学者の野間秀樹氏によると、話ことばは音の世界に、文字は光の世界にあるのだという。これまでの思いを光の世界へ開放することにより、ハルモニたちが癒され、後進の道しるべになることを願ってやまない。
日本評論社刊
定価=2000円(税別)

2019-01-23 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
立証された韓日GSOMIAの効用
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません