ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年01月23日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国に溶け込む日本語

 韓国語の中には外来語として多くの日本語が使われている。その大半は植民地時代の影響が残ったものが多い。今でも工事現場では「オーライ」「コンクリ」「大ハンマー」「枠」「幌」「メッキ」など日本でも耳になじんだ表現が多く聞こえてくる。このような日本語の名残りが未だに韓国では通用しているが、最近はネットを中心に日本語の表現がそのまま使われる新たな現象が起こっている。これらの表現は、韓国語では説明が難しい状況を簡単に表現できるため使われているようだ。
このような傾向は日本文化に抵抗感が少ない若者を中心に表れている。日本でも新造語と言える表現がすぐに韓国でも使われているのだ。
「リセマラ」はリセットマラソンの略で、ゲームで欲しい結果が出るまでリセットを繰り返すことをいう。韓国では日本産ゲームの用語がそのまま翻訳して使われ始め、今ではゲーム関連でもっともよく耳にする表現になった。
「ツンデレ」も韓国のネットではよくみられる表現になった。日本のアニメや漫画の影響で使われ始めたが、今まで韓国語では表現するのが難しい現象を簡単に表せる言葉であるため、韓国でも幅広く使われている。ネットから使われ始めたが、今ではテレビ番組でも使われるようになった。
言葉はいつの世も変わっていくもので、その時代性を表すものである。若者の間でこんなにも日本から来た表現が増えている事実は過去とは違い、日本に対する姿勢そのものに変化が起きていることを示す。引き続き、両国の交流が深まることで様々な壁も崩れていくことを祈る。

2019-01-23 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません