ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年01月23日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
帰北を望む脱北者

 ソウル高等法院は18日、北韓に戻ろうとした脱北者A氏に国家保安法違反容疑で懲役30カ月を宣告した。A氏は中国のブローカーを通じ、北韓の最上位情報機関「国家保衛省」と接触した。同氏は北韓に再入国した際の身の安全のため、2回にわたりコメ130トンを北韓の税関を通じ国家保衛省へ送っていた。
A氏が北韓に戻ることを決意した理由は、北韓に残っていたA氏の息子が脱北に失敗したことが原因だとされる。A氏は息子の安全のためコメを送ったと主張したが、裁判所はA氏とブローカー間の通話内容を検討し、A氏が北韓に戻る意思があったと判断した。
裁判所は「いくら息子のためとは言え、北韓政権を利する行為は許されない。今後もA氏が対南宣伝や対南工作に利用される可能性は高い。A氏の行為は大韓民国の安全と自由民主の基本秩序を乱す危険性が大きい」として関連容疑全てを確定した。
実際、家族問題によってかなりの数の脱北者たちが北韓に半強制的に戻る場合が多い。こうして連れもどされた元脱北者は、体制宣伝や対南宣伝に利用されているのが実情だ。

2019-01-23 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません