ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-04-24 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年01月23日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
リトルエンジェルス公演会
韓国国際親善使節が大宮で開催

 韓国が誇る国際親善使節のリトルエンジェルスが17日と18日の2日間、大宮ソニックシティ大ホールで公演した。
世界的な評価が高く、ウィーン少年合唱団と双璧をなすといわれるリトルエンジェルスは1962年5月の創立以来、世界64カ国を巡回公演した。
今回の日本公演は2015年5月、韓日国交正常化50周年記念の日本巡回公演(4都市)以来、4年ぶりとなる。
17日の公演には約3000人の観客が詰めかけ、天使たちの踊りと合唱に夢見るような一時をすごした。12の舞に続き、日本歌曲を含む合唱はアンコールが3回も続いた。
鄭壬順団長が率いた団員は小学校3年生から中学校3年生までの32人。今回の公演では、リトルエンジェルス初演の作品も二つ紹介された。
振付師の裵丁慧先生が伝統宮中舞踊を新しく創作した作品「宮」は、昨年10月に完成し練習時間も数カ月と少なかったのにかかわらず、小中学生の舞とは信じられないほどの完成度で観客を魅了した。
韓日関係が悪化している今こそ、民間使節としてもっと多く公演してほしいという感想が多かったが、団員の学業の関係などで2回の公演のみだった。

2019-01-23 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
ミキ・デザキ監督・イ・ジャンフン監督...
文在寅政権 国民を人質にして同盟に挑戦
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓国が5G分野主導
米中戦争で決まる韓半島の未来
ブログ記事
対北海上遮断作戦に韓国だけが不参
国民・大衆にも責任がある
米国が文在寅政権に「米・韓・日共助」を圧迫する理由
イスラエルのシリア軍基地爆撃で北韓ミサイル技術者が死亡
審判連帯のロゴ・ソング
自由統一
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません