ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年01月23日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
各地で新年会 過去の歴史を直視し新たな友好の努力を

参加型の新年会に
●民団茨城

民団茨城県地方本部は12日、茨城民団本部で新年会を開催した。
新年会には民団茨城県本部の張仙鶴団長をはじめとする団員、議員ほか、各界各層から約90人が参加した。
張仙鶴団長は「茨城民団は例年同様、地域の日本の皆様とも仲良く、開かれた民団を作っていきたい」と挨拶。 
今年の新年会は例年のように歌手を招くことなどは行わず、美味しい韓国料理と参加者全員で進行する参加型にした。
懇親会では、開運ジャンケン大会、大抽選会、カラオケ大会などが催され、参加者らは大いに楽しんだ。

京都新年会のもよう
●民団京都

民団京都本部(金政弘団長)は11日、京都市内のホテルで新春年賀交歓会を開いた。約200人が参加した。オペラ歌手・田月仙さんの独唱がオープニングを飾り、民団京都の2018年活動状況や、柔道世界選手権で金メダルを獲得した在日3世の安昌林選手の紹介DVD上映や同選手に対する褒賞金授与もあった。
金団長は「今年は3・1節100周年だ。過去の歴史を直視しつつ、新たな韓日の友好の歴史をつくる努力を続けていく。右京支部の事務所は週2回開くことが出来た。閉鎖支部の統合、独居団員の見守り、子供支援の実施などを通じ、団員サービスの充実を図る」などと述べた。呉泰奎総領事、山内修一京都府副知事、吉川雅則京都市京都創生・国際化担当局長らの新年辞などもあり、国・府・市会議員や二之湯智参議院議員(日韓親善協会理事長)らの新年辞もあった。

●民団埼玉

民団埼玉本部は12日、成人式を兼ねた新年会を本部会館で開催した。
約130人が式に参加し、田ヒョチョン団長と共に新年を祝った。

●民団栃木
民団栃木は12日、宇都宮市内のホテルで「新春の集い」を開催。120人が参加した。来賓には福田富一県知事、船田元衆議院議員、福田昭夫衆議院議員ら多数の県議・市議らが出席した。
式中は新成人3人を祝った。崔団長は「韓民族としての誇りを胸に、日本社会と地域に貢献してほしい」と祝辞を述べた。

●民団西東京

民団西東京は14日、同本部で新年会を開催した。団員ら95人が参加したほか、来賓として李讃範・駐日韓国大使館総領事、白眞勲参議院議員、西東京日韓親善協会連合会の三田敏哉会長らが出席。参加者らは婦人会メンバーが用意した料理を前に歓談を楽しんだ。

●民団佐賀

民団佐賀は12日、県立生涯学習センター「アバンセ」で新年会を開いた。
朴弘正団長は「民間交流をさらに推進し、戸別訪問などを通して同胞間のネットワーク構築を強化していきたい」と新年の抱負を語った。続いて行われた成人式では、新成人の代理で出席した母親に本名の印鑑と韓国餅を手渡した。

2019-01-23 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません