ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-04-17 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年01月23日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
OECD 経済改善の見通し立たず
景気先行指数20カ月連続減

 経済協力開発機構(OECD)は15日、景気先行指数(CLI)を発表した。 CLIは、OECDが各国の経済状態を評価する景気判断の指標で、6~9カ月後の景気の流れを予測するもの。
韓国経済に対する分析は、韓国銀行と統計庁で集計する製造業在庫循環指標、長短期金利差、輸出入物価比率、製造業景気見通し指数、資本財在庫指数、KOSPIの6指標を活用して算出された。
同報告によると、昨年11月に韓国のCLIは前月より0・03ポイント下がり99・19を記録した。
韓国のCLIは17年4月から下落が継続し、20カ月連続の減少となった。これだけ長期にわたってマイナスが続いたのは、通貨危機当時の1999年9月~2001年4月以来となる。
一方、昨年11月のOECD加盟国のCLI平均は99・32で前月より0・13ポイント落ちた。
米国は99・59で昨年3月から8カ月連続で下落した。米中貿易摩擦などで経済が不安定な状況の中国は98・78で、前月比0・05ポイント上昇して2カ月連続で上昇を記録した。

2019-01-23 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
ミキ・デザキ監督・イ・ジャンフン監督...
文在寅政権 国民を人質にして同盟に挑戦
韓国が5G分野主導
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
米中戦争で決まる韓半島の未来
ブログ記事
米国が文在寅政権に「米・韓・日共助」を圧迫する理由
イスラエルのシリア軍基地爆撃で北韓ミサイル技術者が死亡
審判連帯のロゴ・ソング
文在寅の‘虚言’を斬る[金侊日の口]
労組の「抗日闘争」は時代錯誤
自由統一
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません