ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年01月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
若者が両国の未来を創る
韓日姉妹校が交流会 李明烈総領事と懇談も

 今年で11回目を迎える韓日高校生の交流会が10~14日の日程で行われた。迎えるのは神奈川県立大和西高校の13人、日本文化や風習を学びに来たのは、姉妹校である京畿道光明市の光文高校の生徒12人だ。11日は、駐横浜大韓民国総領事館・李明烈総領事が来校し、両校生徒と懇談を行った。

10年以上にわたって交流を続けている両校は、毎年夏は韓国へ、冬には日本へと相互に学校を訪問し、授業参加やホームステイを通して両国の文化、風習、言語学習プログラムを実施している。今回は10日から4泊5日の日程で行われた。
交流2日目の11日は、駐横浜大韓民国総領事館の李明烈総領事が両校の学生の交流風景を視察、韓日の将来を担う生徒に向けたメッセージを伝えた。李総領事は、遺伝子学的にみて両国は非常に近しい関係にあると述べ、2000年以上にわたる文化交流の歴史を学んでほしいとした。さらに、両国は民主主義、市場経済、軍事的に核を開発しないという共通項を持っていると続け、平昌オリンピックで見られた互いに励まし合いながら切磋琢磨していく姿こそ、両国の未来像だと語った。そして既成世代に振り回されることなく自分の目で見てほしい、二つの国の未来は決まっているものではなく皆さんが創っていくものだと語った。
その後生徒から質問を受けるなど終始和やかな雰囲気の中、記念撮影で締めくくった。

 ―日本の一番好きな食べ物は何ですか。
李総領事 おでんですね。皆さんの前でどうかとは思いますが、おでんと日本のお酒を一緒にいただくのが最高です。

 ―将来は建築関係に進みたいと思っています。参考になる建物はありますか。
李総領事 みなとみらいの建造物などはいかがでしょうか。

 ―外交官に必要な資質は何ですか。
李総領事 海外生活が長く、初対面の人と多く会わなければなりません。ポジティブなマインドをキープすることが求められます。語学、幅広い知識とともに前向きな姿勢が必要ですね。

 ―横浜で一番のお勧めスポットはどこですか。
李総領事 総領事館ですね、歓迎しますよ。

写真上:杵が意外に重いと驚く生徒たち。自分たちでついたお餅の味は格別だ

写真下:学ぶ姿勢などを質問する生徒と、それに答える総領事

2019-01-17 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
立証された韓日GSOMIAの効用
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません