ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-09 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年01月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「自分の狭い世界のみで判断した」―文在寅大統領―
文在寅大統領は10日に行われた新年記者会見中、シン・ジェミン前企画財政部事務官の主張に対しての意見を聞く質問に対し「彼は自分の狭い世界のみで物事を判断しただけ。実際の業務処理過程はより複雑な段階を踏んで進める。全ての政策決定の権限は大統領にある。大統領の指示で行われたものを外圧というのは間違っている」と述べた。シン前事務官は先月、文政権が企画財政部に赤字国債発行を強いられたとし、また企業人事へ介入した件を暴露した。政府は「シン氏がどこかで勘違いをしたようだ」と弁明している。

「ギャラクシーだったら話すけど」―サムスン電子副会長・李在鎔―

李洛淵国務総理は10日、サムスン電子の水原事業所を訪問、李在鎔副会長との非公開懇談会を行った。李総理と李副会長の懇談会は約80分間行われた。二人は懇談会を終え、取材陣との質疑を行った。その過程である取材陣の携帯電話がライバルであるアップル社のiPhoneであることを見た李副会長は「あなたの携帯電話がギャラクシーだったら一言くらいは話すけど」と冗談をいった。李総理は「李副会長から逆に経済問題に対し励ましの言葉をかけられた」と懇談会の和やかな雰囲気を伝えた。

2019-01-17 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
曺国事態に文政権打倒の暴動がなぜ起きないか
決戦に出た脱北者
臨界値を超えた韓国社会 
『反日種族主義』の著者が語る「韓国社...
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません