ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-09 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年01月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
兵役拒否事由検証スタート

 昨年11月、韓国大法院は宗教的信念による兵役の拒否を「正当な兵役拒否事由」と認め、韓国社会に混乱を引き起こした。大法院は「兵役拒否者の信念が正当なものとして認められるためには、その信念が深く、確固なもので、真実たるものである必要がある」と述べていた。これを確認するため、大検察庁(日本の最高検察庁)は各地の検察庁に大法院が提示した10項目の判断要素を伝播し、兵役拒否者を測る尺度の参考とすることを指示した。
済州地方検察庁は10日、済州地域の兵役拒否者12名に対し、大検察庁の指針に従い彼らの信念を調査していると明かした。済州地検は全般的思想・生き方に集中し調査を行っていると述べた。特に検察は銃を使用するFPS(First Person Shooter)ゲームへの接続記録を検証している。武器を持つことを否定する教理を基に兵役を拒否するというのに、ゲームとはいえ武器を使うのは真実性が足りていないという論理だ。実際、エホバの証人の教理では暴力的なゲームを禁じている。
多くの韓国人は検察のこういう措置を歓迎し、兵役拒否者への厳しい検証に同意しているが、一部では「ゲームと実際の射撃は完全に違う問題。これはプライバシーの侵害だ」という指摘も出ている。

2019-01-17 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
曺国事態に文政権打倒の暴動がなぜ起きないか
決戦に出た脱北者
臨界値を超えた韓国社会 
『反日種族主義』の著者が語る「韓国社...
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません