ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2019年01月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
安保は投げ捨て
粛清に没頭する主思派政権

 主思派政権は粛清と企業殺しに没頭し、統治権は民労総に奪われ、安保は金正恩に主導権を奪われている。金正恩は非核化を拒否し、社会主義体制の固守のため中国と密着している。
第2次米朝首脳会談がとりざたされる中、ポンペイオ米国務長官は「非核化」という表現の代わり「米国に対する脅威を除去」という表現を使っている。ICBMだけを除去すると受け止められる。
文在寅は9日、ソウル近郊の龍仁で行われた陸軍地上作戦司令部創設式に出席しなかった。大統領が「国防改革」の核心的措置である地上作戦司令部創設式に出席しないのは、平壤への配慮だ。彼は昨年、韓米連合司令部創設40周年にも参加しなかった。
主思派政権は、中国発の微細粉塵(PM2・5)によって韓国人が死んでいる現実を放置している。観測史上最悪のPM2・5が今週、韓国を襲った。日本に対しては75年前の補償を要求する主思派が、中国発の微細粉塵には沈黙する。
国民は主思派政権の無慈悲な粛清を恐れているのに、文在寅は新年会見で「権力機関が国民を失望させたことは一件もなかった」と言った。憎たらしい話だ。李載壽前務司令官などを死なせた主思派政権の司法殺人は続く見通しだ。
光州地裁は、アルツハイマー病を患っている、31年前に退任した88歳の元大統領を、法廷に連れてくるよう拘引状を発行した。元大統領の回顧録を裁くのは文明社会ではありえないことだ。検察は、全斗煥元大統領の自宅も差し押さえ公売する予定だという。検察は11日から梁承泰前大法院長を召喚している。ところで、梁承泰長官を投獄するため作られた、林鐘憲元法院行政処次長に対する公訴状は、検事50人が数ヶ月間かけて調査作成した内容に数十個の間違いがあった。
甚だしくは、青瓦台の曺國民情首席は、一般人も裁判官に任命する方案を検討したという。法治主義を守るため、国民の抵抗が避けられない。

2019-01-17 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
駐米大使候補を忌避人物に認定
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません