ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-05-23 11:19:35
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年01月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人工知能テーマに講演会 在日韓商
松本SB元副社長を講師に70人参加

人工知能について語る松本氏
 在日韓国商工会議所は昨年12月13日、特別講演会を都内のホテルで開催、約70人が参加した。
講演のテーマは「AI(人工知能)時代 生き残る経営者の条件」。講師として、クアルコムの日本法人社長やソフトバンクモバイルの副社長を務めた松本徹三氏が招聘された。
松本氏は本人の経験を踏まえ、次世代の経営について語った。特に強調したのはシンギュラリティ(技術的特異点)。シンギュラリティは、AIの能力がある点を超えるとAI自身が次世代のAIを作りだすことを意味する。松本氏は「シンギュラリティは必ず訪れる。経営者の皆さんは、AIがもたらす変化へ柔軟に対処する姿勢が必要だ」と述べた。

2019-01-01 14面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
主思派政権 反逆クーデターが最終段階へ
金正恩を日本の法定で裁こう!
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓自協結成・決起大会 参加に反対せず
韓国2大航空財閥が混迷
ブログ記事
金正恩の殺戮の歴史
太極旗決起、ソウル国立顕忠院から光州まで民心の爆発
光化門に登場した太極旗キャンプ
自由民主の大韓民国陣営がなすべきこと
文在寅独裁打倒、光化門行進
自由統一
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません