ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年01月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今宵も徒然 韓ドラBOX ―新連載「天命」

Licensed by KBS Media Ltd.c2013 KBS.All rights reserved
 舞台は、ドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い」の主人公、チャングムが仕えた王・中宗の時代。宮廷の陰謀劇に医学や推理の要素が盛り込まれ、より緻密でスリリングなストーリーに仕上がっている。病の娘を守ろうと危険に立ち向かう医官チェ・ウォンを演じるのは、「女の香り」などで好演し、時代劇初挑戦となったイ・ドンウク。そんな父を待ち続ける娘・ランを演じるのはキム・ユビン。文定王后のたくらみに巻き込まれながらも、ウォンとともに陰謀を暴いていく世子イ・ホは2AMのイム・スロンが演じている。OSTには、JYJのジュンスが参加し、物語を盛り上げている。
◆ストーリー
時は16世紀、朝鮮王朝11代王・中宗の統治時代。内医院の医官チェ・ウォンは、優れた腕を持つが仕事をさぼってばかりいた。実はウォンは、病を患う娘・ランを男手一つで育てながら、彼女の病気を治すべく奔走していたのだ。ウォンは、ランの病気の治療法が記された書物を手に入れるために禁書庫に忍び込んだが、思いがけず医女のダインとともに禁書庫に閉じ込められてしまう。翌日、ミン・ドセンの遺体が禁書庫で発見され、ウォンに殺人の容疑がかけられる。ランを一人にできないウォンは脱獄し、無実であることを証明しようと画策するが…。
◆放送予定
1月18日(金)スタート、月~金、午前9時30分から。女性チャンネル♪LaLaTVで。

2019-01-01 11面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
立証された韓日GSOMIAの効用
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません