ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-12 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年01月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「82年生まれ、キム・ジヨン」(チョ・ナムジュ著/斎藤真理子・訳)
女性の人生に立ちはだかるものとは

 1982年(昭和57年)に生まれ、結婚して3年目で1歳の娘がいるキム・ジヨンに突如、異変が起こる。この本は、精神科医のカルテに記載されているキム・ジヨンの人生の記録なのだ。医師は決定的な診断を下すことができず、カウンセリング途中で物語は終わる。その後が気になるが、結末は読者に委ねられる。問題提起という点でドキュメンタリーのようでもあり、最後にちょっとした悪寒が走る点ではホラー小説のようでもある。
82年当時の韓国で、女の子に一番多くつけられた名前がジヨンだったという。日本でいえば、さしずめ佐藤裕子や佐藤愛といったところか。ネーミングの通り、キム・ジヨンは韓国でごく普通の女性の象徴であり、体験する悩みや苦労も決して特別なものではない。しかし、多くの人が経験しているからといって、あって当たり前のこととはならない。
昔の大変な時代に比べれば今は恵まれている(だからそんなことで文句を言うな)と諭される。妊娠や出産に与えられた権利を使おうとすれば、優遇されすぎと非難の的になる。育児に専念すれば、旦那の稼ぎで遊んでいるだけと揶揄される。
それらをすべて気にしない女性がカッコイイとの呪縛にかかってやしないかと、この作品は静かに訴えている。そしてこれは韓国特有の話ではない。
誤解のないように申し添えておくと、この本は決して男性を非難しているものではない。キム・ジヨンを悩ませるのは男性ばかりではないからだ。むしろ、夫のチョン・デヒョンは彼なりに妻を理解しようと努力している。
キム・ジヨンの症状は特異かもしれないが、そこに至る経緯は日常にあふれている。この本は、フェミニズムか否かの踏み絵ではない。お互いの理解を深めるきっかけとなるものだ。
筑摩書房刊
定価=1500円(税別)

2019-01-01 8面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪・金剛学園に吹く革新の風
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
亀裂深まった韓米同盟
暴君のための洗脳教育を中止せよ
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません