ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-12 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年12月12日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「朝鮮半島と私たち」日大芸術学部主催の映画祭
歴史を学び韓日の未来考える

 今年後半はメディアで報道されない日はないといっても過言ではない韓半島、そして日本との関係。それらをテーマにした映画祭が、日本大学芸術学部映画学科の学生らによって開催された。教科書では教えない歴史を学ぶため、若い世代が動き出した。在日韓国人や韓日関係の映画40作品を集め、話し合いで選んだ18本を上映している。

 きっかけは授業で見た『キューポラのある街』(浦山桐郎監督、1962年公開)だった。
「在日コリアンとか、帰国事業とか、それまで全く知らなかった世界が描かれていて、衝撃的でした」と話すのは、テーマの発案者である金子絹和子さんだ。学校でも家でも教えない歴史の存在を知り、真実を知りたいと強く思うようになった。韓国からの留学生・金潤雅さんは在日コリアンの存在をまったく知らなかった。「表紙が可愛いという理由で『GO』という本を購入したのですが、そこで初めて在日という言葉に出会いました」
友人たちも誰も知らなかった。知る機会がもっと有ればいいと思う。
映画祭で上映される作品の中で趣の異なる1本がある。『指紋押捺拒否』『ナウ、ウーマン』などで知られる在日2世の呉徳洙監督によるドキュメンタリー『戦後在日50年史[在日]』だ。1995年に製作されたもので、45年から始まる50年の歴史がナレーションや当時の写真、ニュース映像とともに明らかになる。それは尽きることのない闘争の記録だった。GHQ時代におけるアメリカ側の議事録も紹介されており、編集作業は「まるで百科事典を編むかのようだった」。
映画上映後、その編集者であり呉監督の夫人でもある清水千恵子さんが登壇した。監督は残念ながら2015年に他界したが「在日パート2」企画書とシナリオが清水さんの手元にあるという。いつか日の目を見ることを願ってやまない。
映画祭は14日まで。上映に関する問い合わせ=ユーロスペースTEL03・3461・0211

2018-12-12 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪・金剛学園に吹く革新の風
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
亀裂深まった韓米同盟
暴君のための洗脳教育を中止せよ
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません