ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年12月12日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
KーFESTIVAL「美味!味韓!楽韓!」テーマに東京ドームシティで開催
自由な発想で男性も楽しめるイベントを

 韓国の最新トレンドやライフカルチャーを集めた総合展「K―FESTIVAL」が4日(火)・5日(水)の2日間、東京ドームプリズムホールで開催された。韓国を楽しむテーマ別に42ブースが出展。ミニステージには連日多彩なプログラムが準備され、友人やカップル、家族連れの来場者で賑わいを見せていた。今回、主催者に韓国政府関係は入っていない。発起人は、3人の「韓国大好き」日本人だ。主催者が目指すイベントの在り方について聞いた。

 主催者であるK―FESTIVAL2018実行委員会は、「自由に韓国を楽しめるイベントを企画する」という目的で今年6月に発足した。
これまで韓国政府や観光公社、文化院などの広報宣伝やK―POPライブ運営、あるいは人材派遣と各々の仕事をしてきた3人が出会い、韓国のイベントについて思うところを語り合うようになったのが始まりだ。
政府の出資を受ければどうしても様々な規制がかかる。せっかく来てくれたお客さんに十分満足してもらえなかったこともあったという。それならば何にも縛られないものをつくってみようと思い立った。偏りが出ないようにと、韓国イベント運営に詳しい8人にご意見番をお願いし、さらに賛同者3人を加えてスタートした。

 会場を物産ゾーン、コスメ・ファッションゾーン、グルメゾーン、韓流・エンターテインメントゾーンに分け42ブースに出展者を募った。ミニステージはトークショー、アーティストやお笑いのライブなど25のプログラムを組んだ。
利益度外視で宣伝のために参加した企業がほとんどだが、いずれはきちんと収益が見込めるようにする。
「家族で楽しむイベントにしていきたい。それには、もっと男性韓国ファンを増やさないと。キーワードはゴルフとカジノですね」と、実行委員会事務局総括プロデューサーの浜田さんは話す。「次回は、必ず男性に楽しんでもらえるコーナーをつくります」

【写真】
(左上)キムチ作り体験に参加
(右上)食べられる粘土の作品紹介
(左下)占いコーナー
(右下)ミニステージを盛り上げた若手歌手

2018-12-12 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
精神論〔1758年〕 第三部 第9章 情念の起原について
金正恩と文在寅打倒を訴えた日韓の有志たち(2月17日の午後、東京十条駅前)
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません