ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年12月12日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
晩聲社の故・尹隆道社長を偲ぶ

韓峯姫さん(右)と成永順さん
 先週7日の夕方、東京・白山通りにあるイタリアンレストランで夕食会があった。一見、忘年会のような夕食会は、8日から始まった北韓人権侵害啓発週間のイベントを開催する「北朝鮮難民救援基金」(加藤博代表)が設けた席だった。
脱北者として経験した北韓人権問題を話すため来日した韓峯姫氏の歓迎会だった。韓さんは、1998年に脱北して3年間、中国と東南アジアを経て2001年8月、韓国に入国し、韓医大を卒業した韓方医だ。
夕食会には韓峯姫氏の家族を救出するため当時、尽力した韓日両国の有志たちが17年ぶりに集まった。話題は自然に韓さんの父親が残した脱北記から始まった。韓さんの家族の脱北記は02年6月、日本で出版された。『脱北者北朝鮮から逃げられなかった男』(晩聲社)だ。
加藤博代表は当時、韓さんの父親が書いた原稿を、日本に安全に持ち込むため苦心したことを回顧した。その本を翻訳した李洋秀氏は、当時は本名で翻訳するのが危ない環境だったため、ペンネームを使ったという。この脱北記を出版したのが晩聲社だった。
実は、韓さんの両親は、中国公安に逮捕されて韓国に来ることができなかった。脱北には多くの資金が必要だった。そのとき、晩聲社の尹隆道社長が原稿の中身も見ないで5000ドルを提供し、この資金で韓峯姫さんの兄弟は韓国に来ることができたという。
この席には昨年、亡くなった尹隆道社長の夫人である成永順氏が同席していた。成さんは17年前に出版のためコピーして保管していた韓さんの家族の写真や手紙などを、アルバムにして持ってきた。韓さんは、自分の兄弟が脱北過程で失った写真などをもらって言葉を詰まらせた。
脱北の恩人である晩聲社の関係者に、今回の訪日で会うとは夢にも思っていなかったという。特に、北韓で医師だった母親の手紙を一つも持っておらず、母を思うたびにいつも寂しかったのに、貴重な宝をもらって思わず涙を流した。尹社長は他にも多くの脱北者たちを支援した。北韓同胞を助けてきた尹隆道社長を静かに偲ぶ夜だった。

2018-12-12 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
精神論〔1758年〕 第三部 第9章 情念の起原について
金正恩と文在寅打倒を訴えた日韓の有志たち(2月17日の午後、東京十条駅前)
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません